突然現れる頑固なシミをなくす|シミ取りなら皮膚科におまかせ

先生

治療法により異なる費用

足

巻き爪の治療を受けるときは、東京の病院選びはもちろんのこと、治療方法についてもしっかりと選ぶようにしましょう。治療方法によっては、保険が適用されない場合もありますので、治療前に確認することが大切です。

» 詳細へ

クリニックでのシミ治療

カウンセリング

薬やレーザーで治療します

つい日焼けをしてしまい、シミができてしまうということはありがちなものです。この時、自分で取ろうとして美白コスメを使ったりしても、なかなかうまく取れないこともよくあります。そのような場合は、やはり皮膚科のクリニックでシミ取りをしてもらうのが一番です。皮膚科では主に、薬またはレーザー、凍結療法によってシミ取りを行います。薬の場合は、塗り薬にはハイドロキノン、飲み薬にはトラネキサム酸などの成分が主に配合されていて、併せて使うことでシミ取り効果が大きくなります。またレーザーはかなり効果的ですが、時間が多少かかり、しかも保険適用外になります。凍結療法とは液体窒素をシミの部分に塗り皮膚を剥がして再生させるもので、こちらは保険が適用されます。

肝斑にも効果的なレーザー

皮膚科でレーザーでシミ取りをする場合は特に、紫外線対策を徹底させる必要があります。治療した部分を紫外線に当ててはいけないので、日傘や帽子などをうまく使うようにしましょう。また、治療中のシミには絆創膏を貼っておく必要がありますので、その点にも気をつけて、自分で勝手に剥がしたりしないようにしましょう。それから、肝斑と呼ばれるシミがあります。ご存知の方も多いでしょうが、30代から50代の女性に多いシミで、ストレスが主な原因といわれ、顔の中心にくすみのような形で現れます。しかしくすみでなくシミの一種ですので、やはり皮膚科を受診するようにしましょう。かつては薬による治療が中心に行われていましたが、最近はレーザーでも治療が可能になっています。

皮膚科でほくろを取り除く

治療

ほくろ除去は、専門医による治療がおすすめです。皮膚科なら、保険が適用され、費用が安く治療できます。顔のほくろの場合は、ほくろ除去することで顔の印象が明るくなります。自分のほくろの状態を医師によく相談し、最適な治療を受けましょう。

» 詳細へ

スキンケアと専門医の有無

ナース

皮膚トラブルやその治療は、皮膚科を受診する必要があります。スキンケアを正しくおこなっている肌は、外部からの刺激に過剰に反応しにくいことがわかっています。城東区にはたくさんの皮膚科がありますが、その中から皮膚科専門医がいる病院を探すなら、インターネットでのキーワード検索が便利です。

» 詳細へ